【楽譜読み書き検定検定3級】過去問題・出題例(日本音楽能力検定協会)

  • HOME
  • お知らせ
  • 【楽譜読み書き検定検定3級】過去問題・出題例(日本音楽能力検定協会)

第1問 音符計算問題(中級)

音符の伸ばせる長さを計算する問題です。 「2分音符+2分音符」という問いに対しては、「全音符」が正解となります。 解答欄には1つの音符をご記入ください。
付点音符なども出題されます。

第2問 休符計算問題(中級)

休符の休める長さを計算する問題です。 「2分休符+2分休符」という問いに対しては、「全休符」が正解となります。 解答欄には1つの休符をご記入ください。
付点休符なども出題されます。

第3問 楽譜記号(中級)

演奏の速度や強弱を表す楽譜記号の意味をお答えいただきます。
アンダンテやモデラートなど、頻出の楽譜記号とその意味を覚えておきましょう。

第4問 五線譜音名問題

と音譜表、へ音譜表上に書かれた音符の音階名をお答えいただきます。
語群中のド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ♯・ソ・ソ♯・ラ・ラ♯・シの12音階の中から選んで解答します。
シ♭の場合はラ♯で正解となります。

第5問 楽譜記号(強さ順)

表示された5つの楽譜記号を、強さが強い順に並び替えて解答用紙にご記入ください。

第6問 キーシグネチャー

キーシグネチャーが示すキーを英語でお答えいただきます。
♯も♭も付いていないキーシグネチャーの場合は「C」となります。
♯や♭の付く位置や数によって変わるキーを確認しておきましょう。

最後に

音楽検定は合格していただくことももちろん重要ですが、それ以上に学びの場としてご利用いただいております。
受検前まではご存知なかった知識も、受検中に学んでいただくことも多々あるようです。
合格を目指しながらも新しい知識を得ることで、今後の音楽人生にお役立ていただければ幸いです。

音楽検定受検はこちらから

お申し込みはこちら

音楽検定のお申し込みは
こちらからお願いいたします。